スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

国境越えでカーペディエム

●●この記事はリアルタイム編●●

ベネズエラから陸路でコロンビアへ。
この国境越えは今までで一番面倒くさかった。

まずサンタエレナという街からシウダーボリーバルという街まで14h。
バスが遅れて乗継が悪く、シウダーボリーバルでバス待ち13h。
シウダーボリバルからサンクリストバルという街まで23h。
これも予定より遅れたので、真夜中に到着。

真夜中だけど国境越えの乗り合いタクシーがバンバン走っている。
ただ、タクシーは高いので次の日のバスで行こうと思い宿を探す。
だが宿がビックリするぐらい高い。
ベネズエラの通貨は残りわずかで足りないし、夜中だから両替商もいない。
やっと一人見つけた両替商にレートを聞いたが、レート悪すぎ。

もう一回バスターミナルに戻る。
バスで一緒だったおっさん達が、コロンビアに乗り合いタクシーで向かう模様。
このおっさんはバスで少し話して、僕が日本人って事を知ってたんだけど
「お前見た目は中国人だから、こんな夜中にうろついてたら殺されるぞ」
と言って首を引っかく動作をする。

殺人者さえ人種を選ぶのか??本当、この国嫌だ。

でも治安が悪いのは確かなので、このままコロンビアに行ってしまおうと決意する。
ただここの国境は外務省から「渡航の是非を検討して下さい」が発令されている。
コロンビアの左翼ゲリラがバスジャックなどをするのだ。
土日、夜中は避けるべしとのこと。

ちなみに外務省の出す発令は4段階で
「十分注意してください。」
「渡航の是非を検討して下さい。」
「渡航の延期をお勧めします。」
「退避勧告。」

退避勧告はもちろん退避するしかないのだが、後の3つは何を持って分けているのか不明瞭。
実際外務省が十分な情報を得られない場所は国連の情報を頼りにしているらしいし。
十分注意は世界中ゴロゴロあって、たいした事はない。
というか十分注意を気にしてたら、ヨーロッパと北米しか行けないと思われる。
ただ、十分注意でめっちゃ危ないと感じた場所もあるし(ブラジルとか特に)
渡航の是非で全然危険を感じない場所もある。

近年、左翼ゲリラはかなり衰退していてここの国境は比較的安全らしいので
覚悟を決めてタクシーに乗り込む。
車はひっきりなしに行き来していたので、恐怖は感じず。
ベネズエラ側の国境の町サンアントニオまで1h弱。
イミグレで降ろしてもらって、出国スタンプを押しに行ったら



イミグレ閉まってた・・・。




最後までベネズエラはやってくれる。



結局、その街で1泊。宿には明日両替して払うと伝える。
ってか、こうなるならサンクリストバルで明日払う事にすれば良かった。


朝起きて、両替に。
両替はコロンビア側の方がレートが良いらしい。コロンビアへは橋を渡ってすぐ。
シレッとベネズエラ側のイミグレを通り過ぎて、コロンビア側で両替完了。


立派な不法入国 笑


ホテルに戻って金を払い、ベネズエラのイミグレで出国スタンプ押してコロンビア側へ。
ベネズエラの出国、コロンビアの入国ともにサクッと終わった。

それにしてもこの国境、ひっきりなしにコロンビアからベネズエラに車が来る。
どうしてみんなこんな国に行きたいのかって思ってたんだけど
どうやら、ベネズエラは何気に石油大国でガソリン代が安い。
(確かに移動費は安かった)
だからみんなコロンビアからワザワザ来て、ガソリン入れて帰るらしい。
ってか、石油資源持ってて長引く不況とはチャべス大統領は何してるんだろう。
アメリカに物申す前に、自分の国をどうにかしてくれ。


イミグレで乗り合いタクシーをひろってバスターミナルへ。
バスターミナルに着いた。

いきなり人が優しくなった。
しかも皆フレンドリーに話しかけてくる。


なんだこの違いは~!!


ここまで極端に変化がある国境越えも中々無い。
噂通り、コロンビアは人が優しいらしい。

やっとベネズエラを抜けられた安心感でバスでは爆睡。
首都のボゴタまで15h。


でかい南米、バス移動には慣れたもので24hとかでも余裕だなって感じで。
35hぐらいから少しきついかなって感じなんだけど、この国境越えは面倒くさかった。


何はともあれ、やっとの思いでコロンビア首都ボゴタ着です。


コロンビアのバスターミナルで話した少年。
名前は何回聞いても「りょうま」にしか聞こえなかった。

P5243914_convert_20110531075252.jpg

日本の津波を心配してくれてました。


                    ☆☆☆リアルタイムinコロンビア
                           世界一周10カ国目
                            生涯15カ国目。☆☆☆

                            blogランキングに参加中!!
                         ↓↓無事ベネズエラを脱出した僕に1票↓↓
 
                               にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

                                にほんブログ村

                    ↑↑こちらの世界一周をクリックお願いします↑↑
スポンサーサイト
プロフィール

Author:マルケイ
2005年大学を辞めカナダに。世界一周という概念・生き方に出会い、魅了される。
その後NGOでカンボジア、NPOで農業にちょこっと触れ価値観がどんどん変わっていく。
IT系の営業を経て2010年12月で会社を辞め、2011年1月ついに念願の世界一周に旅立ちます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。